ARTA 2019 superGT Rd6 AUTOPOLIS AUTOBACS
GT500クラス予選インタビュー

ハンディ厳しくも最前列2番手確保
台風13合の影響が心配されたが、朝のフリー走行は青空の
下で始まった。
現在、8号車 ARTA NSX-GTはランキング6位でハンディ
キャップウェイトは50kgだ。
この重さでは車の運動性能に大きな影響が出るが、終盤に
差し掛かるこのレースでは何とかポイントを多く獲得して
上位陣との差を縮めたい。
Q1は伊沢拓也選手がアタック。残り時間が6分を切った
ところでコースイン。
日差しが強く、気温が上がってきた。午前中のセッション
とはかなり温度差がある中で
伊沢選手は見事7番手のタイムを叩き出しQ1突破を決めた。
Q2が始まる頃には気温は少し下がったが、Q1での伊沢選手
のコメントを車に反映し、Q2に挑んだ。
野尻智紀選手は集中力を高め1周のタイムアタックに賭けた。
セクター1ではライバルとほぼ同じタイムだったが、
セクター2は非常に速く、Q2を2番手で終えた。
決勝日は大量得点目指してチャンピオンシップを有利に
進めたい。

❮ 戻る